お見合いから結婚までの流れ 


女性会員一覧のページからお見合いをご希望の女性をお選びください。
(1名でも数名でもOKです。)

お申し込みフォーム又はメールでお申し込みください。
お申し込み後すぐに写真の送信フォームより写真を5~6枚お送り下さい。
メールで写真をお送りいただくことも出来ます。
(ご相談のみの場合はお名前とメールアドレスだけでも結構です)

お申し込みがあったことを女性にお伝えし、お見合いの確認をいたします。

じっくりお考えください。途中で気が変わった場合はご連絡いただければ大丈夫です。
お見合いをご希望の女性の写真は会員ページに載せている以外にもございます。
(目をつむっている、ブレている等)
他の写真をご希望の場合はお申し付けください。
女性のOKがあればネット電話で画面を見ながらの会話も可能です。

お見合いの意思が決まりましたら準備に取りかからせていただきます。

お見合いの日程の打ち合わせをさせていただきます。
お仕事の休み、飛行機のチケット購入などの準備をお願いします。

タイに訪問し、お見合いにてお互いのお気持ちをお確かめください。
お見合いは基本女性の家で行います。女性の家やご両親を見ていただきたいと思います。
お見合いの時のホテルはこちらでご用意いたします。
お見合い費用(9万円)をご持参いただくか先にお振り込みください。

お見合い後ご婚約の意思がお互い固まりましたら当日又は翌日に婚約の儀式を行います。
婚約の儀式の時に女性に金のアクセサリー2バーツ(約30g分の金をネックレスや指輪など)をお渡しください。
※金のアクセサリーの購入はお見合い後現地で購入します。
※婚約金は金のアクセサリー2バーツ分と決めております。
事前にご用意の必要はありません。

結婚式の日程や内容(結婚式は女性の家でするかホテルなどの会場を借りてするかなど)を打ち合わせいたします。
結婚式は女性の家で出来るようであれば家ですることをお勧めします。
近所の方が気軽に参加して祝ってくれます。

結婚式のために再度タイに訪問していただきます。
結婚式の時のホテルはこちらでご用意いたします。
ハネムーンに行かれる場合は旅行の準備も合わせてお願いします。
(ハネムーンの費用はご負担ください)
結納金として金のアクセサリー1バーツ分(金15g約20,000バーツ)を花嫁に、現金15万バーツを両親にお渡しください。
※結納金は金製品1バーツ分と現金15万バーツと決めております。
事前に最寄りの市町村役場より婚姻届2部を入手してお持ちください。
結婚費用の90万円をご持参いただくか先にお振り込みください。

帰国後、入籍、奥様のビザの準備に取りかかります。
タイ側での書類の取得、申請はすべてお任せください。
日本側での書類の取得や申請はアドバイスいたしますのでお願いいたします。

書類がそろいましたら奥様が来日されます。
奥様をお迎えにタイに訪問お願いいたします。
奥様の飛行機のチケットもご用意ください。
もし、休暇の調整が出来ない場合、私どものスタッフが奥様と一緒に日本へお送りすることも出来ますのでご相談ください。(料金別途必要 →詳細

結婚後は、奥様のご両親への仕送りとして毎月、月始めに2万円をお送りください。
仕送り金額は毎月2万円と決めてご両親にも話をしております。 → よくあるご質問

奥様が来日後もサポート、バックアップさせていただきます。
困ったときはいつでもご連絡ください。

タイ女性とのお見合い、国際結婚のお問い合わせについて

日本の電話番号050-3631-9777  タイの番号095-672-0909
ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。 →メールでのお問い合わせ

▲ページトップに戻る